勤続30年の銀行員が見た「お金に嫌われる人」の特徴

カードローン

銀行員は貯蓄に励み、社会の規範となる人物を目指し自己研鑽に励むべし
私が勤務する銀行には、銀行員の教科書とも言えるマニュアルがあります。冒頭の文はそこから部分的に引用したものです。
マニュアルは「このような会社にお金を貸すべきでない」と言ったように、融資する相手を見極める人間の教科書でもあります。その内容は一般社会にも通じるものがあり、特にお金に嫌われる人の特徴を的確に表現しています。

そこで今回は、この銀行員の教科書から、お金に嫌われる人の特徴を解説します。
また、私が30年の銀行員生活で経験した実例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

お金に嫌われる人、2つの特徴

銀行員の教科書にある、お金に嫌われる人の特徴は以下の2つです。   

   <お金に嫌われる人>

  1. 相手の幸せを考えられない人
  2. 人から嫌われる人

相手の幸せを考えられない人

これは道徳とか、スピリチュアルな話ではなく、言葉そのままの意味です。

相手の幸せを考えられない人は、お金に嫌われてしまいます。

銀行員の教科書には「顧客と喜びを分かち合えたら、銀行員冥利に尽きる」とあります。

銀行も客商売であり、顧客に喜んでもらうことで、その対価として利益を得ているという意味です。また、銀行は融資を通じ顧客の事業を支援できるので、事業の成功を共に喜びあうこともできます。

私も銀行員生活の中で

「あなたに担当してもらって良かった」

「あなたには助けられたよ」

と言われ、銀行員冥利を実感したものです。

これとは逆に、銀行の儲けを優先するあまり、お客様に犠牲や負担を強いるのは、あってはならないことです。

とは言え現在は銀行自体が収益悪化で、理想論ばかり追ってもいられません。銀行員としては忸怩たる思いです。

一般社会に落とし込むと

銀行が自分の利益優先で動けば、いつかお客様は離れていきます。これは一般社会でも同じです。

事業の英訳はビジネスですが、と言ってあまりにもビジネスライクはダメです。

取引している相手を大事に思えなくなったら、その事業はうまくいくはずがありません。

またこれは、人と人との関係にも通じます。

銀行員が出会った、相手の幸せを考えられない人

これは、私が地方の観光地で仕事していた時の話です。

その会社は老舗旅館で、多くの地元業者と取引していました。旅館の食事で使う食品などの仕入れは、料理長に決定権がありました。

しかし、この人が問題人物でした。

この料理長は自分の権限をふりかざし、かなり納入業者をいじめたそうです。

私のお客様でもあった納入業者さんは、おじいさんの代から長くその旅館に尽くしてきたそうですが、この料理長に嫌われて、ある日突然取引を切られてしまいました。

あくまで噂ですが、付け届けが少なかったとか、料理長から不正なリベートを要求され断ったので逆恨みされた、などと聞き及びました。

しかし、その後しばらくして旅館の経営者が代替わりし、料理長も変わりました。やはり前料理長の素行が問題となったようです。

幸い、この業者さんは取引を再開してもらえました。新社長から「今まですまなかったね」と言ってもらい、以前より好条件で取引してもらえるようになったそうです。

ちなみに前料理長は、そのあとどこの旅館からも、雇ってもらえなかったそうです。

このように、自分本位で相手の幸せを考えられない人は、その行為が自分に降りかかり、結局お金に嫌われてしまいます。

人から嫌われる人

人に嫌われるとお金にも嫌われてしまいます。

これは、交友範囲が広いとか、社交的という意味ではありません。

たとえば私が出会った魅力的な経営者でも、社交的とは言えない人が何人もいました。しかしそういった人は、数は少なくても熱狂的なファンや信奉者がいました。ちなみに銀行員としての私もファンでした。銀行員がファンになっていれば、銀行取引も順調に進みます。

逆に、人から嫌われる人には嫌われる原因があり、そこに気づかないといつかはお金に嫌われて、お金が逃げていきます。

一般社会に落とし込むと

たとえば礼儀のない人はダメです。

礼儀とは誰にでもへりくだるとか、ペコペコすることではありません。本当に礼儀正しい人は、礼を欠かさないと同時に誇り高く、無意味に頭は下げないものです。

また約束を守れない、ウソをつく人もダメです。たとえば待ち合わせ時間に遅れたのに、謝る前に言い訳が先で、しかもそれが小さなウソ、これでは相手に見透かされ、そのうち嫌われてしまいます。

  • 礼を欠かない
  • ウソをつかない
  • 約束を守る

何やら教訓めいていますが、やはりゆるぎない真理で、これらがない人はお金に嫌われてしまうでしょう。

銀行員が出会った、人から嫌われる人

これは、大手製造業の下請けをしていた町工場の社長さんの話しです。

この人は下請け仕事の傍ら、自分でいろいろな製品を開発していました。売上増加を図る前向きな姿勢で、そこは良いことなのですが、その宣伝方法に問題がありました。

その人はいつも、両手に百科事典ほどの大きくて厚い荷物を持っていました。銀行窓口で伺うと、巨大な名刺入れというか名刺ブックでした。

銀行にくる時も抱えているくらいなので、肌身離さず持ち歩いていたそうです。

そして、新製品を売り込むとき、この名刺を見せて「この社長さんも気に入ってくれました」などと、断りもなく宣伝に使っていたようです。

やがて漏れ聞いた当人から苦情が殺到して、最終的には本業にも影響し、破綻してしまいました。

そもそも宣伝のため、意図的に名刺集めをしていたそうで、この部分も周りから嫌われた原因です。

本来なら人と人をつなぐ名刺も、商売道具にしか考えられず、結局自分の人脈を持てなかったわけです。

抱えきれないほど名刺を持っていても、破綻するまで誰も助けてくれなかったわけで、やはり人に嫌われるとお金にも嫌われてしまうと実感した経験です。

まとめ

「相手の幸せを考えられない人は、お金に嫌われる」

「人に嫌われる人は、お金にも嫌われてしまう」自分に落とし込んで

今回解説したこれらは、銀行員の教科書に書かれている教訓です。

これを単なる教訓と聞き流すか、自分に落とし込んで、少しでも何かを変えようとするか?

受け取る人次第ですが、銀行に蓄積された人間の真理から導き出された結論です。意識して行動に活かす価値はあると思います。

なぜなら銀行員の教科書が、お金に嫌われない方法を教えてくれているのですから。

【退職代行ガーディアン】









コメント

タイトルとURLをコピーしました